v

Menu

Menu診療案内

歯周病治療

歯周病の原因は喫煙・糖尿病・女性ホルモンの変化・ストレス・食生活の乱れ・歯並びの悪さ・口呼吸など実にさまざま。もっとも大切なのは予防ですが、一度歯周病になってしまうと、治療を受けなければ進行を遅らせることしかできません。当院では歯肉が腫れている場合はその部分を切開して膿を出し、歯石の除去を行います。目に見えない部分は局所麻酔をしてから取り除きます。

【GTR法・エムドゲイン法】
切開して露出した歯根面のプラークを除去し、歯周組織のもととなる細胞の集まりを塗布。その上からメンブレン(人工膜)を被せます。メンブレンにより歯肉が歯根面に侵入することを防ぎ、骨が再生するスペースを確保できます。

義歯(入れ歯)治療

【部分入れ歯】
歯が数本抜けている場合に行う治療です。残っている歯に金属のバネ(クラスプ)を引っかけることで入れ歯がずれないようにします。クラスプを引っかける歯にむし歯や歯周病がある場合は、先にそちらの治療を行う必要があります。

【総入れ歯】
すべての歯が抜けてしまった方は総入れ歯となります。当院では装着時に違和感がないように、歯科用CTなどで型をしっかり取り、一人ひとりに合わせた入れ歯を作製します。また見た目にもこだわりクラスプを使用しないノンスクラプの入れ歯も提供可能です。

入れ歯はインプラントに比べ歯1本に対する治療費が安く、あごの骨の状態が悪い場合でも使用可能です。そのため当院ではまず入れ歯治療を推奨しております。

むし歯治療

むし歯の進行には段階があり、初期であれば歯を削らなくても治療できる場合があります。しかし症状が進行してしまうと、むし歯の箇所を削り、上から詰め物や被せ物をしなければなりません。
神経まで進行している場合は、神経を抜く根管治療が必要になり、歯根まで達していると最悪抜歯することになります。当院では検査によりむし歯の進行状況を綿密にチェックした上で治療いたします。
むし歯は日常の歯磨きで予防が可能です。当院は患者様の他の歯を守るために、治療後に歯磨き指導も行っております。

インプラント治療

インプラントを埋め込むには外科手術が必要になります。当院では基本的に1回法を行っております。1回法とは手術であごの骨にインプラントを埋め込んだ直後にインプラント上部の部品も取り付ける方法で、手術が1回で済みます。2回法のように再度切開する必要がないため、治療期間が短くなります。
あごの骨に土台となる人工歯根(インプラント)を埋め込むためには、あごの骨に十分な幅や高さが必要になります。あごの骨が不足している場合は、GBR法と呼ばれる治療を行います。
これは治療箇所に骨補填材を置き、その上から人工膜を被せることであごの骨を再生させる方法です。

矯正治療

歯並びが悪いと歯磨きでは届かない隙間に食べカスが入り込んでしまい、プラークが溜まりやすくなります。放置しているとむし歯や歯周病の進行を早めることになりますので、歯の機能性を保つという意味でも、できる限り早く矯正した方がよいでしょう。当院では金属製の矯正装置の他、白くて目立ちにくいセミメタルの矯正装置をご用意しております。
子供の頃から矯正を行えば期間も短く費用もおさえられますが、大人になってからでも矯正はできます。まずは患者様の歯並びを確認しますので、一度ご相談ください。

審美治療

セラミックとは陶器でできた歯科材料のことで、詰め物や被せ物に使用されます。天然歯とほぼ変わらない白さが特徴です。当院ではメタルセラミック(歯の内側は金属で外側はセラミックを使用)の他、金属を一切使用しないオールセラミックをご用意しております。 ホワイトニングは専用のマウスピースに薬液を塗布し装着する「ホームホワイトニング」を採用。ご自宅で毎日2時間程度装着するだけで、天然歯を白くすることができます。 さらに当院では、歯科医院で行う歯のクリーニング(PMTC)も行っております。普段の歯磨きでは落としきれないプラークも落とすことができ、正しい歯磨きの方法も身につきます。

Price料金

歯周病治療

【治療の流れ・期間】
問診・デジタルレントゲン・歯科用CTにて歯周病の進行状況を確認します。進行状況に合わせて治療内容をご提案し、ご納得いただけましたら治療開始です。
歯槽骨の再生を評価するまでに、最低10ヶ月必要になります。

【注意事項】
・症状や歯槽骨が溶けた範囲によっては治療ができない場合があります。
・歯槽骨の再生には時間がかかります。

義歯(入れ歯)治療

【治療の流れ】
患者様のお口の中をチェックし、部分入れ歯か総入れ歯かの判断をします。入れ歯は患者様のお口の形に合わせたものを作製するため、装着時の違和感は最小限です。
自費の入れ歯については、作製期間は半年ほどかかります。

【注意事項】
・自身の歯と比べると、やはり装着時に若干の違和感があります。
・定期的なメンテナンスが必要です。

むし歯治療

【治療の流れ・期間】
デジタルレントゲン・歯科用CTによりむし歯の大きさや深さなどを確認することで、天然歯をできる限り削らない治療が可能です。同時に詰め物・被せ物の作製をします。
目安としてはおよそ2週間、2~3回の通院で治療が完了します。

【注意事項】
・しっかり治療を終えてから詰め物・被せ物を装着しないと、内部でむし歯が進行してしまいます。
・セラミックは金属より耐久度が低いため、強い衝撃により欠損することがあります。
・金属アレルギーをお持ちの方は、金属素材を使用した治療はできません。
・時間が経つと変色することがあるため、定期的なメンテナンスが必要です。

インプラント治療

【治療の流れ・期間】
デジタルレントゲン・歯科用CTで歯の状態を確認し、治療計画を立案します。外科手術が必要になりますが、入院の必要はありません。1回法の場合ですと、切開した箇所がふさがるまで一定期間(上あごは4~6ヶ月、下あごは2~3ヶ月)置き、その後に被せ物を装着します。あごの骨が足りず、GBR治療が必要になる場合は、骨造成のために最低10ヶ月ほど必要です。

【注意事項】
・被せ物の作製・装着も料金に含まれます。
・むし歯治療などが必要になる場合は別途料金が発生します。
・定期的にメンテナンスを行わないと、インプラント歯周病などを発症するリスクがあります。
・あごの骨の幅や高さが足りない場合はGBR治療が必要になります。
・手術後、痛みや腫れなどが生じる場合があります。
・喫煙されている方、肝機能障害や糖尿病、貧血などの方は、手術が難しい場合があります。事前の検査で判断しますのでご安心ください。

矯正治療

【治療の流れ・期間】
デジタルレントゲンや歯科用CTで患者様の歯並びの状態を確認します。次に歯型を作成した後に、治療計画についてご説明します。治療内容についてご納得いただけましたら治療開始です。
歯並びの状態により異なりますが、矯正期間(装置が装着されている期間)に約2年6ヶ月、歯を安定させるための保定期間にさらに2年ほどかかるとお考えください。

【注意事項】
・矯正装置を装着している間は違和感がありますが次第に慣れていきます。
・矯正する力が強いと、歯根吸収により歯根が短くなり、歯が抜けやすくなるリスクが高まります。

審美治療

【治療の流れ・期間】
デジタルレントゲン・歯科用CTで歯の状態を確認し、必要であればPMTCによりプラークなどを取り除きます。詰め物・被せ物は、患者様の歯の状態に合わせて作製するため、およそ2週間、2~3回の通院が必要になります。
ホームホワイトニングは毎日続ければ約1~2週間で色に変化が現れます。PMTCは3~6ヶ月に1回のペースで行えば、口腔内の健康を保つことができます。

【注意事項】
・セラミックは金属より耐久度が低いため、強い衝撃により欠損することがあります。
・金属アレルギーをお持ちの方は、金属素材を使用した治療はできません。
・人工歯にはホワイトニングなどの効果は薄く、施術後天然歯と人工歯の色合いに差が生じます。
・メンテナンスを怠ると色の戻りが早くなります。
・知覚過敏の方は薬液がしみてしまうことがあります。事前にお申しつけください。
・むし歯や歯周病がある方へのホワイトニングはできません。
・ホワイトニングで使用する薬液の主成分である過酸化水素を分解できない無力タラーゼ症の方は、ホワイトニングを受けることはできません。
・妊娠中や授乳中の方は、ホワイトニングを受けることはできません。
※料金はすべて税抜きです。